らーめん 日吉 @ 御成門

ここ最近は、新橋から御成門にかけて無数のラーメン店がしのぎを削っているわけですが・・・。
今日のお店は、なんか時間が止まっているような、しかしレトロな店構えで昔ながらの醤油ラーメンを食べさせるというわけでもなく・・・・・、よく分かりませんが、何十年も前からここでラーメンを食べていたんではないか?と思わせられてしまったお店です。

ラーメン、食す。

Ca3a0047

ふわっと豚ベースの香りが立ち、何となく塩味も感じさせる。
一口スープをすすると・・・・

はぁ・・・・ 美味。
しっかりとした獣系の味がまずバンッときますが
さー・・・とすぐに引いていく。
口の中で、幸福感が広がるとはこのことか。

麺は平打ち太麺で、しっかりとスープをひろってくる。
かみ始めは若干やわめと思わせるが、コシ・もちもち感はしっかり。

で、この肩ロースのチャーシューがうまい。
かめばかむほど!
そして、卵。
なぜここまでの仕事をして、普通のゆで卵?と思いましたが・・・
これが合う。逆にこれじゃないとだめですねぇ。
ただ一つだけ。
このタイプのメンマだと、もう少しだけ細切りにした方がいいのでは?と思いました。

ここ3年ほど、このお店の前を一ヶ月に2回は歩いていて、
まじめそうなお店だな〜と思いながら素通りしていた自分が馬鹿でした。
ごちそうさまでした。

らーめん 日吉 (ラーメン / 御成門、汐留、新橋)
★★★★ 4.5

豚と小麦 @ 五反田

一応二郎インスパイアでちょいと有名なお店ですかね?
行こう行こうと思っていたのですがなぜか行けなかったお店でしたもんで、かなり期待してました。

Ca3a0034

小ラーメン食す。

Ca3a0033

麺は太麺ストレート。
かなりのストレート。ちょっとコシ強め。
ずいぶんつるつるとした麺ですね〜。
なかなかです。

スープは甘めの二郎系ですね。
塩味系の二郎よりもこちらの方が好みです。
で、甘い中にも意外とさっぱりとした感じですかね。

豚は少し固めですかね。できればもう少しほろほろとなる感じが好みですね〜。

総括として、からめ・あぶら多めにすればよかった。
デフォだと少し物足りない感じですね。
次回はあえ麺を。

豚とこむぎ (ラーメン / 五反田、大崎広小路、不動前)
★★★☆☆ 3.0

和牛一頭焼肉 手打冷麺 翔山亭 神楽坂本館 @ 神楽坂

同僚の送別会ということで、ちょっと個室のレストランと考えていたんですが、
本人に「何食べたい?」と聞いたら、
「肉っすね。」・・・・。
あ〜そうですか・・・・。

あっ・・・、そうだ。
神楽坂に確か個室の焼き肉やの話を聞いたことがあったな〜、と思い出し、検索。
ここここ翔山亭。
ということで、5000円のコースを予約。

場所はかくれんぼ横丁の中。

ついてみると思ってたような感じではなく、ビルなのね・・・。

席に着くとまず前菜。

Ca3a0028

そして塩の盛り合わせ四種。
「とうがらし」「ひも」「たん」「・・・」何だっけ・・・?
盛り合わせの皿に石が乗っていて、それに肉の部位が書いてあったんだけど、覚えらんないでしょ・・・。
しかし、ひもはかなりのレベルですね〜。

でその後タレ四種。
「リブ芯」・・・・・。もう覚えてない・・・・。

Ca3a0029

でそのあとはホルモン。
「ハチノス」「ホルモン」

で、アラカルトに「ミスジ」と・・・・・
駄目だ・・・・、マッコリ飲み過ぎた・・・。

Ca3a0030

それにしても、なかなかでした。
5000円のコースにアラカルト二品。
マッコリも結構いただき、だいたい一人10000円ぐらい。
これはかなりリーズナブルですよ!
で、いろいろな書き込みでは担当になった人によってサービスが変わるとの書いてあったから、多少心配してたんですが、
ワタクシたちの担当の人は、無印の小さなノートを見ながらですが、いろいろ気を使ってもらいました。
今回はサービスも良かったです。


翔山亭 神楽坂本館 (焼肉 / 飯田橋、牛込神楽坂、神楽坂)
★★★☆☆ 3.5

らあめん元 @ 蓮根

去年のオープン時から行こう行こうと思ってはいたんだが、
如何せん場所が蓮根ということだけでなぜか行かなかった「らあめん元」。
ここ最近出版されているラーメン本では必ず載っているお店ですね。
テレビの露出もありましたし、
気合いを入れて開店15分前に(そんなに早くないか・・・)。

Ca3a0185

意外と広いですね。
「特塩らあめん」を食す。

Ca3a0186

いろいろなところの写真で見た通りの美しさ!
これはヤバイ。

鶏油がスープ表面にキラキラと、
そしてシンメトリーに配置された姫筍、チャーシュー。
脇に添えられた味玉、鶏つみれ、刻み万能。
これは、ラーメン界のアマンリゾートか!

スープは鶏とサンマだそうです。
ちょうどいい感じのバランスですね~。美味。
そして麺を・・・・。

あーだめだ・・・・。
どこでだったか忘れてしまったけど、こういった先細りの器って
麺が泳がないんだよな・・。麺と麺が絡まってしまってどうしようもない。
これではせっかくの三河屋製麺の極細麺がもったいないのでは?
苦肉の策で器の下の部分にチャーシューを敷き、上げ底にした感じで麺を完食。
麺がほぐれ始めたら、やっとこのラーメンのポテンシャルが出てきた感じ(偉そうにスイマセン)。
器の重要さがわかりました。

麺場花火@青山一丁目

数年前までマイフェイバリット・ラーメンの一つであったお店「麺屋武蔵 青山」。
そして神田に移転し、勢い勇んでいって・・・。
しかし、青山の店長が新たに青山に帰ってきた!
それが、「麺場花火@青山一丁目」!

Ca3a0165

まず、店名を冠にしている「花火ラーメン」を食す。

Ca3a0164

おお!
かつおですか?フワーっと香りが鼻腔をくすぐる。
そしてスープをすすると魚介と動物のダブルスープがバランスよく口の中に広がる。
以前よりも濃厚な感じですか?
スープが咽頭に張り付くこのもったりとした感じ。
良いですね!
そして中太麺がこのもったりとしたスープをすくってくる。
そして、千切り気味にしたメンマや刻みネギももったりスープと一緒に
麺がすくってくる。

非常に美味です。
月一で食べにこなくてはならないお店が復活してしまいました。

麺場花火 (ラーメン / 青山一丁目、外苑前、乃木坂)
★★★★ 4.5


づゅる麺 AOYAMA

「づゅる麺」と言えば目黒の池田の方かと思いますが
こちらもなかなかです。

Ca3a0174_2

魚介スープと鶏ガラのダブルスープの甘めなつけだれにキャベツ!
コレは非常に良い。
そして、麺の太さは若干細めか?
そして程よく縮れているので、この甘めのスープをしっかりすくう。
美味い。
バランスも非常に良い。
流石です。
しかし、麺の脇にはレモン・・・。
コレを使う人いるのだろうか・・・・。
確かにサッパリするのかもしれないんですが、
サッパリをつけ麺に求めるのだろうか・・・?

この場所でこの味を出されたらもう降参です。
次回は他の味も!

づゅる麺 AOYAMA  (つけ麺 / 青山一丁目、外苑前、乃木坂)
★★★☆☆ 3.5

麺屋武蔵 神山 @ 神田

だいぶ前に訪店したのですが、諸事情でアップしてなかったので・・・。
大ファンであった「麺屋武蔵 青山」が移転という事で、
早速行ってきました。

Ca3a0036_5

食券を購入しカウンターにすわると、刀の模様の天板。
コレはセンスが悪いと思います・・・。

Ca3a0035

うわーパワフル。
この角煮チャーシューは豪快。
バラ肉の脂がジワーとスープに溶け出している。
和風動物魚介スープにさらにコクとボリュームが・・・
ってコレは少し脂感が強すぎでは?

そのための柚子か・・・・。
コレは安直なんでは・・・。
少しガッかり。

あとで調べてみると、味も変えるという事だった様で、
「麺屋武蔵 青山」の味を求めて行ったのが間違いであったようです。

麺屋武蔵 神山 (ラーメン / 神田、新日本橋、淡路町)
★★★☆☆ 3.0


ガーデンクリスタルとハイパーシーン

今年度の自分へのご褒美として
ガーテンクリスタルとハイパーシーンの数珠を購入。

ガーデンクリスタルは

Imgp0598_2

水晶の中に自然を見る事の出来る水晶であり 場合によっては、草原や林、川や山、自然のあらゆる風景を 水晶の中に取り込んだ小さな箱庭を思わすような神秘的な水晶の一種です。

水晶の中でも強いパワーを持ち、ヒーリング効果の高い石と云われ
肉体的な病はもちろんのこと、特に精神的な問題を
解決してくれるのに効果がある石といわれているようです。

様々な場面で遭遇する心の問題を解決する健康な心を作る石です。

という事です。

ハイパーシーンは

Imgp0599

シックな黒い石の表面に浮かび上がるシラー効果 さらに太陽の光に当てるとキャッツアイ効果やスター効果まで現れる美しい石

誠実・温情・思慮深い行動・決断力を与え、
周囲からの深い信頼を得られるように導く力を持つ石

また、その名前の由来は Hyper=超越 Stheons=強さ・力 であり
その名前からも解るように非常に強力な力を持つパワーストーンです

その為『優れた指導者になるための石』ともいわれています。

どうやらなかなかたいそうな石を買ってしまったようです。

高校生のとき何故かパワーストーンに凝っていた時期が実はありまして、
当時はこんなにいろいろな種類がなかったから、
組み合わせなどについて気にせず、ファーストインプレッションで買ってみたものの
やはり相性が悪いとな〜、と思いググってみると

悪習慣 悪い人間関係を 断つ組み合わせ

どういう意味でしょう・・・。
タバコやラーメンでもやめられるとでも言うのでしょうか・・・。

愛光堂の石ものがたり―人生を変えるパワーストーンの話Book愛光堂の石ものがたり―人生を変えるパワーストーンの話

著者:新垣 成康,新垣 靖子
販売元:角川春樹事務所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

らあめん葫 @ 行徳

先日、船橋での仕事が午前中で終わったので
「船橋で最近評判の・・・『麺屋あらき竈の番人』へ行こう!」
と思ったものの、本日は有馬記念・・・・。
どう考えても道が混んでるだろう・・・。
車内に装備してあるラーメン本で近辺のラーメン屋をリサーチし直していたら、
「おお、そういえば行徳の『らあめん葫』って行ってないな・・。」
という事で、行徳へイザ。

近くに車を止め、店先に行くと6人ほど店外に。
かなり寒いですが、ここまで来てしまったら潰しがきかないので、じっと寒さに耐える。
20分ほどで店内へ。

おおっ!コレは良い香りを!
期待が高まりながら着席。

注文は、塩にするか醤油にするかさんざん悩んだあげく、『醤油全部のせ』。

器の中で泡立て器のようなもので、スープと脂を乳化させたりする作業を見ながら、
待つ事5分ほど。
器の周りをずらり取り巻くように海苔を並べたラーメンが!!


Ca3a0173

かなりこってりしているだろうと想像しながらスープを・・・。

あらっ・・・それほどでもない?なんて思っていると、焦がしニンニクの良い香りが。
コレは素晴らしい!
そして海苔を食べてみると、やはりしっかりしたスープをすくってくる。
麺は中太、いい感じの堅さ。
肉の柔らかさもよし。
そして玉子。
カプって食べてみると・・・・熱っ!
黄身はとろとろなのになんだこの熱さは?
なんで固まんない?
面白い!

総評としては、俗にいうベジポタの部類に入るのでしょうが、
そこらの店とは完成度が違うと思います。
大満足です。
今度はぜひ塩!

らあめん葫 (ラーメン / 行徳)
★★★★ 4.5

盛運亭 @ 南麻布

十番でちょい飲みし、ほろ酔いでとぼとぼ家まで歩いて帰る間に、
ラーメン屋がいくつかありまして、
なかなかぐっとこらえながら家路につく訳ですが、
この日はどうしてもラーメンが食べたくてしょうがなかった訳でして・・・。
コレでも我慢したんですよ。麻布ラーメン、笑の家の関門を抜け、
なんとかダイジョブか?と気を許すと・・・・。
其処には、そうです。
「盛運亭」が待っているんです・・・。
もうどうにも動悸がするくらい、体がラーメンを欲しているので・・・・、
と、自分に言い訳しつつ・・・。

という事で、寄ってしまいました。

Pap_0073

元々チャーシューが自慢のお店ですが
相変わらずの美味しさ!
まあ、それ以外は昔ながらの醤油ラーメンの濃いめと言ったところでしょうか。

Pap_0076

しかし、コレで何十年は凄いと思います、マジで。

今後も変わらず美味しさ宜しくお願い致します。

盛運亭  (ラーメン / 白金高輪、三田、麻布十番)
★★★☆☆ 3.0

«欧風カレー ペルソナ @神保町

Tabelog

  • 食べログ グルメブログランキング

Tabelog

iPod touch

Electoronica

4travel

Starbucks

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ